男性 不妊 ストレス 

「仕事の疲れでEDに・・・」

「夫が転職したらすぐに妊娠した!」

仕事のストレスが原因で男性側の機能が悪くなったというお話を聞きました。

ストレス?そんな精神的なことで、男性不妊の原因になるの?と思いそうですが、男性は結構デリケートです。

実際に、ストレスによる男性不妊を乗り越えた体験談を2つご紹介します。

2つの体験談
  1. ストレスでEDに!~甘く見ていた夫のストレス~
  2. 転職してストレスが軽減→即妊娠

では、さっそくどうぞ!

ストレスを甘くみていた!EDで男性不妊・・・

ストレス ED
きりんさん 31歳(仮名)は、約1年間の不妊期間を乗り越えて授かっています。

きりんさんの旦那さんは、仕事の疲れからか、結婚して間もなくEDになってしまいます。

最終的には根強い治療のかいもあって、EDは解消され、無事に子供を授かることができました。

以下はきりんさんの男性不妊体験談です。

きりんさんの男性不妊体験談

こまった女性


31歳で結婚し、1年間の不妊期間を経てから妊娠しました。

仕事の疲れからか結婚して間も無く、彼はEDになってしまいました。彼自身もひどくショックを受けていました。

治療を続け今では元どおりになりましたが、心的障害で肉体に及ぼす影響がこんなにも大きいということに今でも驚きが隠せません。

精神的なストレスによりEDになる・・・という話は良く聞きますね。

私生活においても仕事のことが頭から離れずに、「精神的な開放感が無い」という、追い詰められた精神状況になってしまっているのですね。

きりんさんの旦那さんの場合はいわゆる「心因性 ED 」というものでしょう。精神的ストレスから、脳の興奮を感じる働きが鈍ってしまっているのです。

心配事があって頭から離れなかったりすると、陰茎以前に脳が性的興奮を覚えにくくなります。

引用元: 心因性EDとは?|ED大辞典

効いたのは転職?精子の活動率が低くても妊娠した!

ストレス 精子活動率

精子の活動率が低いというのは、よくある男性不妊の症状です。

もりもりさん36歳(仮名)は、28歳で結婚し、その後2年間の不妊期間を経て、妊娠しています。

当初もりもりさんは、「自分が原因で不妊なのでは?」と疑い、病院に行くも、実は旦那さんの精子に問題があった!というケースです。

もりもりさんの男性不妊体験談

こまった女性

一年たっても子供ができず、産婦人科に排卵のタイミングをみてもらいに行きました。それでも半年くらいできなかったため、通水検査をしましたが問題なし。

そこで旦那の精子を検査してもらうと、活動率が少ないと言われ漢方薬などを飲みはじめました。その後旦那が転職をし、ストレスがなくなったためかすぐに妊娠することができました。

以外と調べてみると男性側が問題というところも多いのかと思います。

精子活動率向上の為に、漢方を飲むという治療もしていたのですね。ただ、旦那さんの転職後すぐに妊娠したというのは、かなり気になるポイントです。

━ 1回の検査結果だけで判断しない

まずは、男性の精液中の精子の数や運動率は、その時々で、大きく変動する
ものです。

体調やストレスの影響を受けやすいというわけです。
たとえば、たまたま、寝不足だったとか、リラックスできない環境で精液を採取せざるを得なかったとか、あと、月曜日の朝に採取すると悪い結果が出る場合が多いと言われています。

引用元: VOL.455 精液検査が悪かったとき

精子の検査は、その時の体調に過敏に反応するものなんですね。安定しているもので、体質によるものだと思っていました。

逆に言うと、体調と精神状態さえ整えていれば、精子の活動率は良い方向にいくと考えられないでしょうか?

そう思うと、「精子の活動率が悪い!」とか「精子の数が少ない!」というのは、努力次第で改善の余地があるものだと考えられますね!これはポジティブな情報ですね。

また、このもりもりさんの旦那さんは漢方を飲むという対策を取っていました。

直接の原因は仕事のストレスにあったかもしれませんが、漢方やサプリなどで補助するというのも良いかもしれませんね。

「ちゃんと漢方飲んでる!サプリとってる!」と、自信をつけておくというのも、精神状態の安定に繋がりそうです。

当ブログの記事で「精子検査を正常値にする食事とサプリ」というものがあります。こちらも参考にしてみてください。

「男性不妊とストレス」についてのまとめ

最後にこの記事のまとめをします。

男性不妊とストレスの関係
  • 仕事のストレスでEDに・・・治療したら妊娠したけども、ストレスは怖い!
  • 精子の活動率が低い・・・仕事環境を変えてストレス減らしたら妊娠した!

以上です。お役にたてましたでしょうか?当ブログでは、妊娠にまつわる情報を記事にしています。他の記事でも興味があれば、見ていってくださいね♪

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。