WHOが公表した「精子検査での精液量の目安」は、1回の射精あたり「1.5ml以上」です。

精子検査の数値はどこの医療機関もWHOの基準値を参考にしているところが多いです。そのWHOの基準値が、精子の現在の状態が良いのか悪いのかを判断する材料になるのですね。

また、その検査を正しく行う為に、3ヶ月という期間も設けられています。一体なぜ3ヶ月という期間が必要なのか?このあたりも気になりますね。禁欲期間については2日~3日と設定されることも多いです。

では、さっそく「精子検査の量の目安」と「精子検査の期間」、「禁欲期間」について詳しくご説明いたします。

【精子検査】精液量の目安

以下の表がWHO(世界保健機関)が公表した精子検査の基準値です。このなかでも精液量についての記述があります。

WHOは精液量の基準値を1.5ml以上必要だと言っていますが、上で示した数値はあくまで“参考程度”です。特に男性の精子の状態は、検査するタイミングで大きく数値が変動します。

項目 基準値
精液量 1.5ml以上
pH 7.2以上
精子濃度 1ml中に1,500万個以上
総精子数 3,900万個以上
精子運動率 32%以上
精子正常形態率 4%以上
精子生存率 58%以上
白血球数 1ml中に100万個以下

WHOは、この基準に達しないからと言って、必ずしも“妊娠できないというわけではない”と言っています。

 

精子検査に必要な禁欲期間

 

精子検査に必要な禁欲期間は2~3日です。

これは、1回の射精後に、再び精子が十分な量になるまでに2日かかるということからです。

禁欲期間が長すぎると、精子が劣化します。劣化した精子は徐々に溶けて体に吸収されます。

実際に、禁欲期間が2日の精子と7日の精子では、運動率に大きな差が生まれます。

 

精子検査はどのくらいの期間で何回行うのか?

精子は、その時の男性の体調によって、状態が大きく変化します。なので3ヶ月で、2回以上の検査が必要です。

ちなみに、この3ヶ月というのは、精子の元の細胞が作られる期間です。なので、同じ元細胞からできた精子を2回以上比較して、より正確な値を出す必要があるのです。

 

 

まとめ

最後にもう一度、精子検査での精液量の目安となる公式な基準値と、検査に必要な期間についておさらいします。

精子検査の量と目安、検査期間について
精液量の目安
1回の射精で1.5ml以上
精子検査に必要な禁欲期間
2日~7日(医療機関によっては2日~3日というところもあります)
精子検査を行う期間
3ヶ月の間に2回検査を行う

正式な機関から発表されているデータではありますが、あくまでも参考です。あまり極端に信じないことが大事です。

精子の状態は常に変化します。このような数字を気にしすぎては、かえってストレスで数値が悪くなる可能性もあります。

実際に旦那さんのストレスから不妊になってしまったという夫婦もいらっしゃいます。

【男性 不妊】夫のストレス軽減で妊娠!【体験談】」この記事では、ストレス解消で男性不妊を解決したという事例をご紹介しています。会社のストレスで精子の活動率が低下して、1年間不妊だったというお話もあり、ストレスと男性の精子の状態は非常に深い繋がりがあるのがお分かりいただけると思います。

精子の質の低下による男性不妊は、生活習慣や、食事を見直すことで大きく改善できるものでもあります。特に、サプリメントで必要な栄養素をカバーするというのは、もはや妊活においても当たり前になってきていますね。

精子の質の向上だけでなく、滋養強壮にも強力な効果を発揮するマカの2倍の効果をもつサプリメント→男性不妊のサプリでおすすめをご紹介!