結婚して1年。そろそろ子供をと考えていたのですが、どうしても排卵日に行為にいたらない・・・。

中折れはまだいい方で、そもそも勃たないです。

「この日が排卵日!」と意気込み、さきにベッドで上半身裸で待機している妻。

もう何度となく見慣れたシチュエーションに、精神的に辛くなっています。

東京都 Aさん

こういったお悩みはよくあります。

タイミング法でピンポイントに狙わなくてはいけない!と精神的に嫌なムードになってしまうんですね。

それに、普段の仕事の疲れもある。なんだか排卵日に限って、普段の仕事の疲れが一気に押し寄せてくるような感じがします。

心なしか、普段の仕事のパフォーマンスも悪い・・・。

そうなると普段の生活習慣からの見直しが必要です。

十分な睡眠を取ることすら難しい現代、効率の良い栄養摂取が体質改善の大きなポイントになります。

特に、男性の活力となると、肉食中心の元気が出る食事を!と考えがちですが、これが逆効果になることも。

肉を食べるのではなく、あくまでも活力となる栄養素を摂取することがポイントです。

特に重要なのは「シトルリン」という栄養素。

シトルリンには血管拡張作用があり、運動パフォーマンスを向上させたり、血流をよくしたりする効果があります。

引用元: シトルリンの効果について。筋トレに役立つって本当? | POWER PRODUCTION MAGAZINE(パワープロダクションマガジン)

現代社会において、体のめぐりが良好な状態にキープ出来ている人というのは少ないです。

そこで、サプリメントで確実に補強していくことをオススメいたします。

ステーキ68皿分のシトルリンを濃厚凝縮した「マキシリン」です。

マキシリン

完全に精力剤!という見た目で、男性にとっては服用することに抵抗を感じるものです。

しかし、単に不妊治療というだけでなく、普段の仕事のパフォーマンスアップにも十分に役立ちます。

オレゴン州立大学の研究者が、「充実した性生活は仕事の意欲や満足感を高め質の向上につながる」という研究報告を行っています。

引用元: セックスすると仕事のパフォーマンスが向上する – GIGAZINE

結局性行為か・・・。と思わないでください。タイミング以外の日に行為を行うことも非常に重要です。

タイミング本番の予行練習になります。一度成功すれば大きな自信となります。

そのためには普段から臨戦態勢でいられるように、適切な栄養源を補強しましょう。

薬の力に頼っているのではありません。これは確実な投資です。しかも“自分”という唯一無二のリソースへの大きな投資です。