妊娠糖尿病
妊娠中の便秘を解消するために、オリゴ糖を摂取することがあると思います。このオリゴ糖は、糖というだけあって、血糖値が気になります。

妊娠中は血糖値も上がりやすく、そのコントロールは非常に大切です。妊娠時の高血糖は「先天奇形」などの赤ちゃんへの影響も怖いです。

しかし、最近では「血糖値が上がらず、しっかりと大腸に届いてくれる」という魔法のようなオリゴ糖が注目されています!

この記事では、妊娠中の高血糖&便秘対策にベストなオリゴ糖とは何なのか?をまとめてあります!

安心して妊娠中の便秘対策、オリゴ糖が安心な理由をしっかりと理解して、万全の態勢で出産に臨みましょう!

妊娠中ベストなビートオリゴ糖!




妊娠中にベストなオリゴ糖とは「ラフィノース」です。

「ラフィノース」は難消化性オリゴ糖と呼ばれ、小腸で吸収されずに大腸に直接届きます。

通常、小腸では糖分を吸収し、それを全身に届けます。しかし「ラフィノース」は、その小腸での吸収がされづらく、大腸に直接オリゴ糖を届けることが可能になっています。

このように、小腸で吸収されずに大腸に直接とどくオリゴ糖を「難消化性オリゴ糖」と呼びます。「難消化性オリゴ糖」は、血糖値を上げない糖として、今注目されています。

難消化性オリゴ糖には他にも

  • フラクトオリゴ糖
  • ガラクトオリゴ糖
  • キシロオリゴ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • 大豆オリゴ糖
  • ラフィノース

といった種類があります。



オリゴ糖を売りにしたサプリメントを選ぶ際には、このラフィノースを摂取できるのかどうか?とポイントにすると良いと思います。

ラフィノース摂取の方法で私がおすすめするサプリメントがあります。「快適スルン」です。このサプリメントには「ビートオリゴ糖」が使用されています。

ビートオリゴ糖は「ラフィノース」に分類されていて、非常に純度の高い良質なオリゴ糖です。もちろん100%自然由来の成分です。

ビートオリゴ糖を摂取して安全に便秘解消!「快適スルン」の公式サイト

妊婦は血糖値が上がりやすい

妊娠中は血糖値があがりやすい状態になっています。高血糖を改善しないと、赤ちゃんに大きな影響がでることがあります。

糖尿病の重症度を測る指標であるHbA1c(ヘモグロビンA1c)が8%を超えると先天奇形の確率が20〜30%になると言われており、血糖値が高いほどリスクは増す傾向にあります。

ちなみに、HbA1cは6.5%以上で糖尿病の疑いが強いとされています。

このデータを見ると、ちょっと怖いですよね。

妊娠中は血糖値を下げるインスリンに対抗するホルモンが分泌されます(インスリン拮抗ホルモン)。このホルモンの影響で、妊娠糖尿病という症状に陥ることがあります。

妊娠糖尿病にならないためには、血糖値の上昇を食い止めたいです。しかし、便秘の人はオリゴ糖も摂取したい・・・。

そこで、おすすめなのが、ラフィノースの入ったサプリメントなのです。

ビートオリゴ糖を摂取して安全に便秘解消!「快適スルン」の公式サイト

ラフィノースで妊娠糖尿病の危険を回避して、健康的に便秘を解消してみませんか?